サイトへ戻る

【kimono絲という屋号をつけた訳】

kimono絲という屋号をつけた訳。

新しく事業を始めるにあたり、失敗したら…どうしよう…などのネガティブな思考は思ったより少なく、むしろ夢が膨らみワクワクする気分で準備を始めました。

とはいえ、本当にこの選択で良かったのかしら?

スタートの時点で何か間違った事をして道を踏み外していないかしら?

誰かに迷惑をかけたりしないかしら?

という事は何度も考えました。

私は占い信者というわけではありませんが、人生の分岐点にたったその時、

誰かの後押しが欲しくて某占い師さんに占っていただきました。

「屋号は漢字一文字が良いですよ」と言われ

一文字で着物に関係する文字を山のように集めました。

その中から着物も帯も糸からできている。

絲は中国語で「シルク」の意味があると知り、決定!!

ただローマ字のkimonoはつけたくて。そこは完全に人のいう通りにはしない

あまのじゃくというか、自分で力で切り開きたい想いもあって踏み切りました。

イラストレーターさんに素敵なロゴを作っていただき感謝です。

是非読者登録をよろしくお願いいたします。

そしてどうぞkimono絲をどうぞ可愛がってあげてくださいませ。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK